ミドリムシはどんなムシですか?

現代人のためのスーパーヒーロー!?ミドリムシとは一体?

最近よく耳にする「ミドリムシ健康法」。虫を食べる健康法なのかと一瞬疑ってしまいますが、そもそも「ミドリムシ」とは一体何なのでしょうか?実のところ「ムシ」という名がついてはいますが、本物の虫ではなく「藻」の仲間で、学術名称は「ユーグレナ」といいます。体調は0.03mmから0.05mmほどで、顕微鏡で覗かないと大きさがわからないほど小さな生物です。ミドリムシ自体は二酸化炭素さえあれば生きていくことができ、水の中で光合成をしながらビタミンやミネラルなどの栄養素を体に蓄えることができる特徴を持っています。植物に近い性質を持っているのですが、実は生物のように移動ができる興味深い物体でもあります。体の先端にある「鞭毛」という毛を使い移動することができるのだそうです。

世界が注目する「ミドリムシ」!

なぜ今「ミドリムシ」が注目を集めているのでしょうか?それは、ミドリムシ特有の性質に秘密があります。まず、ミドリムシが体内に保有している豊富な栄養素が挙げられます。その数はなんと59種類!現代人に不足しがちな栄養素がたくさん詰まっているのです。さらに「パラミロン」という成分はミドリムシの特筆すべき成分で、人間の体内の不要物質(中性脂肪)などを吸収すると言われています。またその豊富な栄養素を効率よく吸収できる細胞の作りも注目される理由の一つです。例えば、植物や野菜の細胞には「セルロース」という細胞壁があります。これが人間の体内での栄養摂取を妨げています。しかしミドリムシにはこのセルロースがなく、他の細胞から吸収するのと比べて2倍以上の吸収率で栄養素を摂取することができるのだそうです。効率よく栄養素を摂取できることが注目され、多くのサプリメントや食品など幅広く活用されています。